エージェント比較で成功した薬剤師の転職

薬剤師として転職を決意した理由

薬剤師として転職を決意した理由 | 満足して働き続けることができる職場に転職

薬剤師として転職を決意したのは職場に不満があったからです。
待遇面では給料も申し分はなく、福利厚生も充実していて良い病院でした。
ただ、職場での人間関係でいざこざが起こってしまい、上司との仲が悪くなってしまって居づらい状況になってしまったのです。
もともと人付き合いがあまり得意ではないために生んでしまった状況であったため、次の職場では同じことが起こらないようにしたいという望みがありました。
抽象的な希望なこともあって、重視しなければならなかったのが職場の状況をよく知ってから求人に応募することでした。
その際に注目したのがエージェントです。
いくつものエージェントがある中から、よく現場の事情を知っていて、必要な情報を提供してくれるエージェントを選び出すのが自分が望んでいる転職を実現するために欠かせないことだと考えたのです。
その際によく考えたのが、どのようにしてエージェントを選ぶかということであり、比較をする材料を何にするかという点から考えざるを得ませんでした。
エージェント選びで失敗したという口コミをよく見かけていたからです。
エージェントの比較をするには情報収集が大切だと最初は考えていました。
単純に考えれば人気が高いエージェントを選べば大丈夫でしょう。
しかし、運が良いことにその考え方は危険だということに気づくことができました。
人気のあるエージェントを一つ選んで相談をしてみたら、あまり的を射ている答えを返してくれなかったのです。